HOMEカルネFAQ(よくある質問)| 3. カルネ一時輸入国について

FAQ(よくある質問)
3. カルネ一時輸入国について

Q1カルネが使用できない国への一時輸入を予定しています。
日本の出国、帰国時のためにカルネを申請することはできますか。

Answer

申請はできません。

カルネが使用できる国・用途の場合のみ申請いただけます。
こちら ( http://www.jcaa.or.jp/carnet-j/8.html ) から確認してください。

Q2中国で撮影をする予定です。カルネは申請できますか。

Answer

申請いただけます。

従来の展示会用途に加え、2019年1月15日から中国向けの職業用具用途、商品見本用途についてもカルネ申請受付を開始しました。

Q3台湾へ物品を輸出後、台湾からアメリカに輸出する予定です。
台湾向けのSCCカルネとアメリカ向けのATAカルネを同時に申請できますか。

Answer

同時に申請はできません。

同一物品でATAカルネとSCCカルネの重複発給は日本税関が認めていないため、どちらかのカルネの申請となります。

◎アメリカ向けATAカルネ発給の場合(台湾での輸入・輸出は通常通関)
台湾向けSCCカルネ発給の場合(アメリカでの輸入・輸出は通常通関)

Q4輸出したい国がカルネを使用できる国の一覧に入っていないのですが。

Answer

一覧に入っていない国は、カルネの使用ができません。

ホームページのカルネが認められている状況(国別)一覧表が最新の情報となります。

今後、加盟国が増えた場合は随時ホームページにてお知らせします。

Q5アメリカ向け展示会用途のカルネ申請はできますか

Answer

アメリカはATAカルネの展示会条約に非加盟のため、展示会用途のカルネ申請はできません。

ただし、アメリカ保証団体から展示会向けの物品でも、商品見本や職業用具としてカルネ通関を認めるケースがある旨通知がありました。

この通知は正式な展示会条約加盟ではないため、事前に輸入地税関にカルネ使用の可否を確認の上、認められる場合は、展示会で展示する物品→商品見本(Samples)、展示会で使用する用具等→職業用具(Professional Equipment)として申請してください。

ご不明な点はこちらまでお問い合わせください。