JCAA規則改正案及び制定案に関する意見募集

2018年11月16日
一般社団法人 日本商事仲裁協会(JCAA)
仲裁・調停担当業務執行理事
道垣内 正人

平素より、JCAAの事業運営にご支援、ご協力を賜り、誠に有り難うございます。

現在、JCAAでは、ビジネス界のニーズに応えることのできる仲裁制度とするべく、現行の2つの仲裁規則の改正及び新たな規則の制定を計画しております。

この改正等に当たりましては、JCAAがたたき台を作った上で、本年7月以来、企業法務関係者、弁護士、研究者その他の方々から直接あるいは電話会議により、ご意見を伺って参りました。また、最終的な条文調整については、「JCAA規則改正・制定等検討委員会」*において検討して頂いて参りました。もとより、上記の方々のご意見は様々であり、たたき台としての原案に対しては多くの方々からご指導・ご教示を頂き、多くの点で修正を繰り返して参りました。また、上記委員会から頂いた答申の一部の条文については全員一致ではないものもありました。

JCAAと致しましては、諸外国の仲裁機関との競争において一歩後れをとっているとの認識から、サービスの差別化を図り、特色ある仲裁を実施する必要があると考え、他の機関の仲裁規則には見られないルールを含むJCAAの案をここにお示しし、広くご意見を伺うこととした次第です。

改正案及び制定案の概要については、「JCAAの仲裁制度の改革について」をご覧ください。また、改正案及び制定案の詳細については、各規則の比較表をご覧ください。これらの資料は、以下より、ダウンロードできます。英語版については、英語の対応ページをご覧下さい。


* 「JCAA規則改正・制定等検討委員会」の構成は、以下の通りです。

委員長:山本 和彦 (一橋大学教授)
委 員: 一場 和之 (弁護士)
    出井 直樹 (弁護士)
    垣内 秀介 (東京大学教授)
    Douglas K. Freeman (弁護士)
                   (50音順、敬称略)


JCAAの仲裁制度の改革について

現行UNCITRAL仲裁規則による仲裁の管理および手続に関する規則とUNCITRAL仲裁管理規則案の比較表

現行商事仲裁規則と改正商事仲裁規則案の比較表

改正商事仲裁規則案とインタラクティヴ仲裁規則案の比較表

ご意見を頂ける場合は、以下の点を予めご了承頂き、下記の要領でお願い致します。

■ご意見の内容又は概要を公表する可能性があること
■お名前・団体名は公表しませんが、属性は公表する可能性があること
■個々のご意見に直接回答することはないこと

                 記

1.意見募集期間
  2018年11月16日(金)から2018年11月30日(金)まで

2.意見送付方法

  ご意見は、電子メール(arbitration@jcaa.or.jp)にて、ご送付ください。

3.問合せ先

  一般社団法人日本商事仲裁協会 仲裁部 担当:西村、小川

  TEL:03-5280-5161 
  FAX:03-5280-5160 
  電子メール:arbitration@jcaa.or.jp

以上