2012年3月14日「アジア紛争解決の実務−東南アジア、インドにおける紛争解決−」

 日本企業によるアジア諸国企業との取引、アジア諸国への投資が増加するに伴い、アジアにおける法的紛争も増加しています。しかしながら、アジアにおける法的紛争解決は、欧米における経験と比べ少なく、また、欧米とは異なる特殊性があります。
 ベトナム・シンガポールの法律事務所にて実務に関与された弁護士、企業法務側からこれら紛争に関与されたビジネスマンをお迎えし、日本を代表する仲裁機関の大阪の責任者も交えながら、東南アジアおよびインドにおける紛争解決について、講演及びパネルディスカッションをしていただきます。
 なかなか活字になりにくい、実体験を踏まえたお話を頂く貴重な機会ですので、関係者多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

<と き> 2012年3月14日(水) 13:30〜17:00
<ところ> 大阪弁護士会館 201・202号室
<参加料> 無 料
<定 員> 100名(先着順)
<主 催> 日本仲裁人協会関西支部 
<共 催> 日本商事仲裁協会大阪事務所 大阪商工会議所 
        
【プログラム】

第1部 講演

 テーマ:「ベトナムの仲裁事情」
  講 師: 川島裕理弁護士(弁護士法人大江橋法律事務所)
 
 テーマ:「シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ラオス、インドの裁判と
      仲裁事情」
  講 師: 栗田哲郎弁護士(ラジャ・タン<Rajah & Tann>法律事務所)
     

第2部 パネルディスカッション

 テーマ:「東南アジア企業との紛争の公正な解決〜準拠法、仲裁地、仲裁人をめぐって〜」

 パネリスト: 川島弁護士
         栗田弁護士
         大貫雅晴氏(日本商事仲裁協会 理事・大阪事務所長)
         勝見和昭氏(株式会社神鋼環境ソリューション 法務担当部長)

 コーディネーター: 児玉実史弁護士(北浜法律事務所・外国法共同事業)
 
■お問合せ先 日本商事仲裁協会 大阪事務所
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2−8 (大阪商工会議所ビル5階)
電話 (06)6944−6164   Fax (06)6946−8865    

東京事務所開催

大阪事務所開催