2013年3月7日「アジア諸国における外国仲裁判断の承認・執行」(大阪)

 今日の多くの日本企業がアジア各国に進出していますが、同時に国際的な紛争も増えています。国際契約においては国際的な紛争の解決手段として仲裁合意がなされることも多いですが、仲裁判断を実効力あるものにするためには、それぞれの法域における仲裁判断の適切な承認・執行が担保されている必要があります。
 そこで、このたび、日本仲裁人協会関西支部は、日本商事仲裁協会大阪事務所、大阪商工会議所との共催により国際紛争解決セミナーを開催します。本セミナーでは、法務省・法務総合研究所国際協力部の実施委託によりアジアにおける外国仲裁判断の承認・執行に関する調査研究をされた栗田哲郎弁護士と、外国仲裁において実務的な経験を有する末永久美子弁護士にご講演いただくとともに、パネルディスカッションでより踏み込んだ内容について議論を行います。
 関係者多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

<と き> 2013年3月7日(木) 13:30〜17:00
<ところ> 大阪弁護士会館 1001・1002号会議室
<参加料> 無 料
<定 員> 100名(先着順)
<主 催> 日本仲裁人協会関西支部
<共 催> 日本商事仲裁協会大阪事務所、大阪商工会議所
 
【プログラム】

第1部 講演 (13:30〜15:10)

テーマ:「仲裁条項及び仲裁手続の開始段階における諸問題」(13:30〜15:10)
   講師: 栗田 哲郎(弁護士)
     「アジア諸国の外国仲裁判断の承認・執行制度について」
   講師: 末永 久美子(弁護士・弁護士法人大江橋法律事務所)
     「外国仲裁判断の承認・執行において発生する実務的諸問題
        
小休憩 (15:10〜15:20)
    
第2部 パネルディスカッション (15:20〜17:00 質疑応答を含む)

「国際仲裁判断の承認・執行に関して検討すべき諸論点」
パネリスト:渡辺 惺之     弁護士 弁護士法人苗村法律事務所・大阪大学名誉教授
       栗田 哲郎     弁護士   
       末永 久美子     弁護士 弁護士法人大江橋法律事務所
       石那田 隆之     弁護士 未来総合法律事務所
       大貫 雅晴      日本商事仲裁協会理事・大阪事務所長

コーディネーター: 浜田 雄久     弁護士 弁護士法人なにわ共同法律事務所
            西原 和彦      弁護士 弁護士法人梅ヶ枝中央法律事務所

総合司会: 高瀬 朋子    弁護士 むらた・ふたば・たかせ法律特許事務所

 

■ お問合せ
日本商事仲裁協会大阪事務所  TEL 06-6944-6164  FAX 06-6946-8865
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8 大阪商工会議所ビル5階

東京事務所開催

大阪事務所開催