2019年11月5日 「紛争解決手段としての「調停」とは -JCAAの新調停規則案のご紹介- 」(大阪)

 国際・国内取引を問わず、紛争の解決手段として「調停」=「中立的な第三者を介して当事者が話し合いで紛争を解決する手段」にも近年注目度が高まっています。その理由の一つは、第三者が最終的に強制力のある判断を下すことが求められる仲裁や裁判に比べて、調停は話し合いが円滑に進めば、より早く安く紛争を解決することができる手段であるからです。日本商事仲裁協会(JCAA)は、当事者にとってより魅力ある調停サービスを利用者の皆様に提供するため、現在調停規則の改正を検討しております。
 そこで、本セミナーでは、調停制度の基本について概説した上で、JCAAの新調停規則案のご紹介を致します。弁護士の皆様をはじめ、企業の経営幹部や管理職の皆様の他、契約実務を担当されている皆様のご参加をお待ちしております。
 なお、本セミナーは大阪商工会議所との共催、公益社団法人日本仲裁人協会関西支部の後援にて実施するものです。

◆日 時 2019年11月5日(火) 16:00〜17:30 ( 15:30 開場 )
◆場 所 大阪商工会議所 5階 502号会議室
◆講 師 道垣内 正人(日本商事仲裁協会 特定業務執行理事(仲裁・調停担当))
◆受講料 無料
◆定 員 50名(先着順)

◆プログラム


1 調停制度の概要
    

2 JCAAの新調停規則案
   

3 質疑応答


■お申込みが確認出来次第、受講票を添付メールにてお送りいたします。

■お申込み期限は、2019年10月31日(木)となります。

■お申込み
参加ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。

講師紹介
道垣内 正人
一般社団法人日本商事仲裁協会 特定業務執行理事(仲裁・調停担当)
早稲田大学教授・東京大学名誉教授・弁護士

 主な著書:
  『自分で考えるちょっと違った法学入門』、『国際私法入門』、
  『ポイント国際私法・総論』、『ポイント国際私法・各論』(以上、有斐閣)、
  『ハーグ国際裁判管轄条約』、『国際契約実務のための予防法学 :
   準拠法・裁判管轄・仲裁条項』(以上、商事法務)

■お問合せ
日本商事仲裁協会大阪事務所  TEL 06-6944-6164  FAX 06-6946-8865
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8 大阪商工会議所ビル5階


東京事務所開催

大阪事務所開催