仲裁

文献・関連法令・条約等

JCAA仲裁に関する文献

仲裁法

日本の仲裁法は、2003年に制定され、UNCITRAL国際商事仲裁モデル法(1985年版)に準拠した国際標準の法律です。

詳細は、仲裁法の日英対訳をご覧ください。

外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法(以下、外弁法)

日本の弁護士法72条は、「弁護士」でない者が、報酬を得る目的で、業として、他人の法律事件に関して法律事務を取り扱いまたはこれらの周旋をすることを禁止しています。外弁法は、外国法事務弁護士及び外国法事務弁護士でない外国弁護士が、国際仲裁事件において、一定の場合に代理を行うができることを定めています。

詳細は、外弁法の日英対訳をご覧ください。

弁理士法

JCAAは、弁理士法第4条第2項第2号に基づく経済産業大臣の指定を受けた団体であり、日本の弁理士資格を有するものは、特許に関する事件等の法に規定する事件に関する仲裁及び調停手続において、代理を行うことができます。

詳細は、弁理士法の日英対訳をご覧ください。

外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約(ニューヨーク条約)

ニューヨーク条約は、仲裁条項の承認並びに外国仲裁判断の承認及び執行に関する基準を、加盟国間において統一することを目的とする条約です。日本は、1961年にニューヨーク条約を批准しています。
日本語版PDF
英語版PDF

詳細は、締約国一覧をご覧ください。

仲裁について紹介されている関係機関作成のガイドブック