セミナー&イベント

大阪開催セミナーのご案内

(大阪)「JCAAの3つの仲裁規則と仲裁条項のドラフティング(2019年4月3日)」開催

国際取引においては、商習慣の違いや相手先との信頼関係の構築不足などを起因とする紛争リスクの発生の可能性があり、その対応の仕方如何によって、ビジネスの成否が決まるといっても過言ではありません。特に、契約交渉において、他の契約条項と比べて熟慮されることの少ない仲裁条項の規定の仕方如何では、実際の紛争が起きた際に、不本意な手続を強いられる事態に陥ることがあります。
 そこで、本セミナーでは、国際仲裁制度の意義を確認した上で、2019年1月1日より施行されたJCAAの3つの仲裁規則(UNCITRAL仲裁管理規則、商事仲裁規則、インタラクティヴ仲裁規則)を概説するとともに、それを前提とした国際契約で規定する仲裁条項のドラフティング上の注意点を分かり易く解説します。企業の経営幹部や管理職の皆様の他、契約実務を担当されている皆様のご参加をお待ちしております。
 なお、本セミナーは大阪商工会議所との共催となりますが、内容は本年1月24日(木)に東京で開催されたものと同じです。

日時

2019年4月3日(水) 14:00〜16:00

場所

大阪産業創造館 5階 研修室 A・B

講師

道垣内 正人(日本商事仲裁協会 特定業務執行理事(仲裁・調停担当))

受講料

無料

定員
50名
プログラム

1 国際仲裁制度の概要 

2 JCAAの3つの仲裁規則 

3 仲裁条項のドラフティング

4 質疑応答