セミナー&イベント

動画配信中のセミナー・イベント

下記のリンクをクリックしてください。動画はYouTubeにて配信しています。

仲裁・調停

「はじめて学ぶ、国際仲裁 ~具体例から見たJCAA仲裁の実務と実際~」(改訂最新版)の動画集
2021年4月26日に開催された「はじめて学ぶ、国際仲裁 ~具体例から見たJCAA仲裁の実務と実際~」で取り上げられた 「JCAA仲裁の特徴」、「仲裁手続の流れとポイント」、「仲裁条項作成のポイント」など、JCAA仲裁を利用するうえで必要な基本的事項を更に事例を含めてわかりやすく解説した改訂最新版の動画集です。上記セミナーに参加された方や動画でご覧になった方も、また全く初めての方も是非ご覧ください。

  • (配信期間:2022/11/9まで)仲裁セミナー「中小企業に役立つ!国際仲裁~海外取引先とのトラブルを解決するために~

    本ウェビナーでは、地方事務所でクライアントから持ち込まれる海外とのビジネス紛争の事例の紹介を通じて、その解決を巡ってよくある問題点を踏まえた上で、中小企業の紛争解決における国際仲裁活用の有用性、仲裁機関を選択する際のポイント、JCAAによる自国での仲裁のメリットなどについて、わかりやすく解説しています。講師は、中小企業へのサポートに注力されている宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士です。

  • JAA関西支部・JCAA大阪事務所共同主催:「模擬国際仲裁セミナー ―JCAAの迅速仲裁で、より速く、より安く―」

    「これも授業料」とあきらめていませんか?少額紛争を迅速に解決する場合にも利用できる方法が国際仲裁です。契約締結から紛争の発生、仲裁申立て以降仲裁判断に至る紛争解決までの各段階をポイントとなる解説を交えて実演する模擬仲裁ウェビナーです。中小企業が国際仲裁を利用できる紛争の事例として、紛争金額が比較的少額の架空の事件を想定し、取引契約時に注意すべきこと、先方との交渉が不調に終わった後に実際の仲裁がどのように進められるか、またその手続ややり取りがどのようなものかについて、JCAAの迅速仲裁手続に沿ってわかりやすく紹介しています。解説者、実演者はJAA関西支部のメンバーで国際仲裁を専門とする弁護士他の皆さんです。

  • (配信期間:2023/3/31まで)国際紛争解決セミナー「国際商事調停の基礎と実践」

    国際商事紛争の解決の選択肢として「調停(mediation)」が世界的に注目されていますが、日本企業には未だ馴染みがないのが実情です。本ウェビナーでは、裁判や仲裁等の紛争解決制度と比較した場合の調停の長所や調停が特にどのような紛争の解決に適しているのか、世界で調停を最も活用しているとされる米国で調停がどのように利用されているのか、また、調停の成功に必要な調停人のスキルなどについてわかりやすく解説しています。講師は、調停の実務と理論に精通された宮武雅子氏(ブレークモア法律事務所弁護士、 慶應義塾大学大学院法務研究科教授)です。

国際取引・貿易実務

  • (配信期間:2022/9/30まで)貿易実務セミナー「成功する国際ビジネス交渉の基本ルールと注意点」

    異なる言語、商習慣やものの考え方など、日本人とはバックグラウンドが異なる外国人を相手にした国際ビジネス交渉が一筋縄ではいかなかったという経験は、皆さんにもあるのではないかと思います。本ウェビナーでは、日・英語の論理とビジネスコミュニケーション問題の原因から説き起こし、国際ビジネス交渉の基本原則やルール、交渉成功の注意点について英語表現の実例も織り込みながら、わかりやすく解説しています。講師は四半世紀にわたる国際ビジネスマンとしての豊富な経験を生かし、その後大学にて「国際ビジネスにおける文化と言語」の研究を専門領域とされた亀田尚己氏(同志社大学名誉教授)です。

  • (配信期間:2022/9/30まで)貿易実務セミナー「三国間貿易(仲介貿易)の実務とトラブル対応」

    2010年代後半以降、日本を取り巻く海外のビジネス環境が複雑化の度合いを増す中、企業にとって三国間貿易(仲介貿易)に関する理解を深めることは必要不可欠になっています。本ウェビナーでは、仲介貿易の基礎的な内容を押さえた上で、トラブル回避の方策例、契約書作成面での留意事項を含めて、実務で特に留意すべき事項について、わかりやすく解説しています。講師は総合電機メーカー等で20年以上にわたり海外事業の経験を有し、現在は貿易アドバイザー協会会員等として企業の海外展開を支援している芳賀淳氏(合同会社トロ代表)です。