セミナー&イベント

ウェビナー開催セミナーのご案内

(申込受付開始しました)JCAA-JIMC 国際調停オンライン・セミナー 「アフターコロナ時代における 国際紛争解決のニューノーマル」(無料)(2020年9月25日、10月2日開催)

Day 1の講演(日本語への同時通訳なし)リンクはこちら。(視聴期限:10月2日午後11時59分。パスコードはDay 2登録者に対して配信されます)。

新型コロナウィルスの蔓延は、多くの企業に甚大な影響をもたらし、国際ビジネスに伴う不確実性を強く印象づけました。しかし、国際化が後戻りをすることはありません。企業が、現在、そしてこれからの予測困難な時代に世界の大海原で舵取りをするためには、状況に即応できる柔軟かつスピード感のある実効的な紛争解決手段が不可欠です。そのようなニーズを踏まえて、アフターコロナの国際的な紛争解決手段として注目が集まっている国際調停をご紹介するオンライン・セミナーを、Day 1 とDay 2 の計2 回に分けてお届けします。

Day 1 では、世界的に著名な国際調停人であり、Centre for Effective Dispute Resolution(CEDR)Asia Pacific のManaging Director 及び世界銀行・国際連合の調停人(アジア地域)を務めているDanny McFadden 氏をお招きし、自身の経験談や実際の事例を交えながら、国際調停の基本と有用性を分かりやすく解説いただきます。

Day 2 では、McFadden 氏に加え、国際調停の経験が豊富な国内外の専門家・実務家を交えて、企業、調停人、代理人のそれぞれの立場から、国際調停が持つ可能性についてパネル・ディスカッションを行います。

日英の同時通訳付きのセミナーになります。

参加お申込みは本ページ一番下の「申込みフォーム」からお願い致します(登録者には、ご入力頂頂きました電子メールアドレスに自動返信の形で、参加用のリンクが送付されます)。

日時

Day 1: 2020年9月25日(金)17:00~18:30

Day 2: 2020年10月2日(金)17:00~18:30

Day1及びDay2の両方に参加頂くことをお勧め致しますが、一方のみの参加も可能です。

配信方法・場所

Zoom を使用したオンラインセミナーです。

受講にあたっては、以下のサイトより「ミーティング用Zoomクライアント」を事前にインストールして頂きますようお願い致します(ウェブブラウザでご視聴された場合、同時通訳音声をお聞き頂くことができませんので、ご注意ください)。

https://zoom.us/download

また、以下のサイトからZoomが問題なく使用できるかどうかをご確認頂くことをお勧め致します。

http://zoom.us/test

講師

モデレーター:

岡田 春夫 (京都国際調停センター・センター長、弁護士)

二瓶 ひろ子 (JCAA仲裁ADR 広報担当、弁護士)

 

パネリスト:

Danny McFadden(CEDR Asia Pacific ・ Managing Director、国際調停人)

小倉 隆 (同志社大学・教授、元大成建設株式会社・法務部次長)

James Claxton (立教大学・教授、独立調停人・仲裁人)

茂木 鉄平 (大江橋法律事務所・パートナー)

前田 葉子 (シティユーワ法律事務所・パートナー)

受講料

無料

定員
500名
プログラム

DAY 1     2020 年9 月25 日(金) 午後5 時~午後6 時30 分


 開会の挨拶
 二瓶 ひろ子 (日本商事仲裁協会・仲裁ADR 広報担当、弁護士)


 講演
 Danny McFadden (CEDR Asia Pacific ・ Managing Director、国際調停人)


 主なトピック
 - 国際調停の基礎知識
 - 海外における国際調停の利用状況
 - 実際の国際調停事件を用いたケース・スタディー


 閉会の挨拶
 岡田 春夫 (京都国際調停センター・センター長、弁護士)

 

DAY 2      2020 年10 月2 日(金) 午後5 時~午後6 時30 分


 開会の挨拶
 二瓶 ひろ子 (日本商事仲裁協会・仲裁ADR 広報担当、弁護士)


 パネル・ディスカッション


 モデレーター: 岡田 春夫、二瓶 ひろ子


 パネリスト:
 Danny McFadden 
 小倉 隆 (同志社大学・教授、元大成建設株式会社・法務部次長)
 James Claxton (立教大学・教授、独立調停人・仲裁人)
 茂木 鉄平 (大江橋法律事務所・パートナー)
 前田 葉子 (シティユーワ法律事務所・パートナー)


 主なトピック
 - 国際調停のメリット
 - 海外における国際調停の活用状況
 - 国内調停(裁判所調停を含む)と国際調停の違い
 - 日本企業による国際調停の経験談
 - 優れた調停人としての重要な資質
 - 国際調停の準備に際して注意すべき点
 - 国際調停の様々な使い方


 閉会の挨拶
 岡田 春夫 (京都国際調停センター・センター長、弁護士)

 

主催等

主催:日本商事仲裁協会(JCAA)、京都国際調停センター(JIMC-Kyoto)

 

下記フォームにてご入力いただきました情報は、JCAAからのセミナー等の事業に関する情報提供を行うために利用をさせて頂きます。

 

(問合せ先)

日本商事仲裁協会 仲裁部 小川(おがわ)

TEL : 03-5280-5161  Mail:arbitration@jcaa.or.jp