仲裁

手続期間

JCAA仲裁は迅速な紛争解決が特徴です。

仲裁廷成立日から仲裁判断日の平均

仲裁廷成立日から仲裁判断日まで
(2011年から2020年に仲裁判断で終結した全てのJCAA仲裁事件が対象)

紛争金額が3億円以下であれば、簡易な手続で、さらにスピーディーに解決します。

仲裁廷成立日から仲裁判断日の期間

実際には、全ての事件が仲裁判断に至るわけではありません。むしろ、JCAA仲裁では、約3割の事件おいて、当事者間の和解等を理由に仲裁申立てが取り下げられています。

仲裁手続は開始したものの仲裁判断まで至らず、その前の段階で時間と費用をかけずに紛争解決。これもJCAA仲裁の現実です。

JCAA仲裁をお勧めする理由も合わせてご参照ください。